2016年

4月

13日

デイプログラム「アフタヌーンティースペシャル」

今日は今年度からはじまった月1回のお楽しみ、アフタヌーンティースペシャルの日でした。

 

たぬき工房では毎日14:00のアフタヌーンティーの時間に、飲みたいものをオーダーすることができます。麦茶、コーヒー、レモンティーなど、その日の日直さんが作れるものの中から選ぶことができます。

 

この4月からは月に一回だけ、いつものアフタヌーンティーよりもグレードを上げたサービスを提供します。初回の今日は、日本茶をテーマにしました。

 

 

工房の周りで枯れた枝を拾い、それを燃料に鉄瓶でお湯を沸かします。お茶は萩焼きの急須と湯呑で淹れました。ついでに萩焼きの花器に、周辺で摘んだ花を添えます。

 

お茶請けには、おかき、たくあん。そして、これもまた工房周辺で採った薪で焼いた石焼芋に黒文字の楊枝を添えます。

 

こうして、みんなで協力して豪華なアフタヌーンティーのサービスとなりました。実習で来ていた学生さんとメンバーも、一緒に作業をする中で、よい交流ができたかと思います。

 

 

普段は急いで済ませてしまうお茶の時間。その時間もたまには手間ヒマをかけて大切に愉しんでみると、なにかを見つめなおすきっかけになるかもしれません。贅沢な時間でした。